楽器屋LUCKY作業日報⑩

お疲れ様です。
楽器屋LUCKY店長森です。

本日はラテン打楽器のひとつボンゴを修理します。

バンドで購入して以来10年弱。たくさんのステージで活躍してきたこの子も、
段々と鳴りが悪く、音量が小さくなってきたなと感じていました。

そろそろヘッドを交換したいなと思い、状態確認のために分解してみたところ…

DSCN03562

うわっ?!真っ二つに割れてる!!
どうりで鳴らないわけだ…

newボンゴを買うのもよいですが、長年の愛着もあり、取りあえず直してみることにしました。

DSCN03582

とりあえず割れた部分にはボンドを流しロープで固定。
強度を上げるため、リムで隠れる部分にダボ溝を削り、かすがいを打ち込み補強。
同じ箇所で割れるのを防ぐため、元の穴を塞ぎ、反対側に穴を開け直しました。
一週間乾燥の後、ヘッドを張りなおして完成。

音量も復活し、なかなか良い感じです。
そのうちヘッドも交換してあげよう。

以上、作業日報でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください