ドラムおやじのぼやき⑧

夕刻。多くの人々は仕事を終え、安息の場、家路へとつく頃である。
しかしこれは、一日の幕引きの時であると同時に、ある戦いの幕開けの時でもある。
やつらは、夕闇が迫るのと同時に、音も無く近づき人を襲う。
時には、我々をあざ笑い、挑発するかの様に羽音を響かせながら迫りくる。
人々は、恐怖し、また、怒り、戦う!
太古の昔より続く、人類との攻防といっても過言ではない。
昨今では、人類は科学技術の進歩により、より強力な対抗策を手に入れた。
しかし、奴らを壊滅させるまでには至らない。
今日も、恐怖の時がやってくる…

「あっ! こんな所に黙って食いつきやがって!
 このかんすっ!(蚊)」
パン!
「ま〜かんっ! にげてってまった!
 ち〜(血)す〜(吸)だけじゃなく、かいかい薬まで塗りやがって!
 ま〜おこった! おみゃーら皆殺しだ!
 くらえ! キンチョールジェット!」
しゅーしゅー
「どうだっ! あっ、またここに!
 げっ! 集団できやがった! くらえ!」
しゅーしゅーしゅー
「どうだっ! あっ! ここにも!
 おみゃーら、たゃ〜がゃ〜にしとけっ! あっ! ぎゃ〜!!…」

今宵も、奴ら”蚊”との、血で血を洗う戦いが繰り広げられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

ドラムおやじのぼやき⑦

次の記事

ドラムおやじのぼやき⑨